研究開発

新たなセラミックスを生み出します。

研究開発|大塚セラミックス弊社の最大の特徴は研究開発にあります。
あらゆるニーズ、市場の変化に対応すべく新素材の開発に日々、力を注いでおります。
ユーザー様が必要としている特性・色彩など、弊社の開発力を最大限に生かし製品化していきます。
また、弊社は筑波研究学園都市が存在するつくば市に隣接しており、産官学の連携による研究開発にも注力しております。

セラミックスには無限大の可能性があります。電気絶縁、耐熱、高強度、更なる進化を求め、挑戦し続けるのが大塚セラミックスです。


開発者の声

研究開発|大塚セラミックス
技術部長

ニーズに沿い課題解決に役立つ技術開発

大塚セラミックスは、セラミックスに関する総合サービスが提供できるメーカーとして企業活動を幅広く展開してきました。その中で長年培った経験と理論をベースとし、自社独自の研究開発部門が主体となって常に新しい材質や技術の開発に力を注いでおります。

中でも、お客さまに高い信頼を得ている技術の一つが新素材開発です。自社独自の技術を生かして原料配合を行うことにより、お客さまの多様なニーズに沿った製品づくりを可能にしております。

さらに当社は、こうした素材開発技術を核として、お客さまにより新しく、付加価値の高い用途開発のご提案にも取り組んでいます。従来の配合とは異なる原料調合や特殊な製造プロセスによる高機能セラミックスの開発により、お客さまの課題解決に役立つ製品をご提案してまいります。

私たちは研究開発の面においても、地域に根づいたメーカーでありたいと考えます。この仕事の魅力は、自分たちの磨いた技術が社会に還元され、地域社会で暮らす人々のために役立つこと、そしてそれを身近で実感できるということです。今後も課題解決に役立つ技術を提案してまいります。